医療レーザー脱毛の副作用とは?

医療レーザー脱毛で考えられる副作用

医療レーザー脱毛で起こりうる副作用は、レーザーの強さが光レーザーよりも強いことによるものが多いです。熱により成長期の毛根を焼いていくというのが基本的な原理になるので、照射後の肌が一時的に赤みを呈したりひどいと火傷のような状態になります。この場合には、レーザーの強さを下げることで対処する場合が多いです。脱毛の施術後に毛根が炎症を起こしてしまい、毛膿炎やニキビが出てしまうこともあるので、そのような場合には重症化する前にクリニックに相談し、施術間隔を伸ばしたり薬を処方してもらうことが必要です。医療レーザー脱毛のあと、肌はかなり敏感な状態になっているため自分でも肌を清潔に保つように注意することが毛根の炎症予防にもなります。

医療レーザー脱毛にありがちなトラブルとは?

医療レーザー脱毛では、毛包に達する深さまでしかレーザーが届かないので、血管や内臓に届く事はありません。皮膚がんの原因となるのは紫外線。医療レーザー脱毛で副作用はありません。レーザーが過剰に肌に反応することで火傷をする事はあります。最近はテスト照射をするクリニックが多いので、火傷の事例は少なくなっているようです。他にはレーザーの打ち漏れがあります。打ち漏れがあった場合は再照射を行います。クリニックではトラブル時の為の保証やアフターケアもしっかり行っています。

医療レーザー脱毛後は副作用で汗の量が増える?

口コミなどで、「医療レーザー脱毛後にワキ汗の量が増えた気がする」「汗の臭いがきつくなった気がする」という意見がありますが、実際にそのような副作用が出ることはありません。これは、脱毛することで、今まで汗を吸収してくれていた毛の部分がなくなったため、汗を体感しやすくなったために起こる勘違いと言えます。逆に医療レーザー脱毛はワキガの原因と言えるアポクリン腺を凝固させる働きもあるため、ワキガの治療にもなると言われています。

医療レーザー脱毛後にしたいアフターケア

“医療レーザー脱毛はムダ毛への効果が高い施術になります。
ですが、そのぶん肌へのダメージも大きくなるので、脱毛後に適切なケアを行うことが大切になってきます。
医療レーザー脱毛をおこなうと肌に熱がこもりやすくなります。
この状態を長く放置していると炎症が長引くだけではなく、肌が乾燥しやすくもなるので注意が必要です。
それを防ぐためには脱毛後に肌を冷やす必要があります。
さらにクリームなどで保湿ケアを行えば、肌への負担を大きく減らすことができます。
脱毛後の副作用を減らすためには、お風呂やサウナを控えるのも効果的です。
何故なら、体温が上がると炎症や痛みが強まるからです。
さらに日焼けをしないようにすることも、脱毛後の副作用を和らげる重要なポイントになってきます。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です